statistics-706380_1280

バイナリーオプションにテクニカル分析は有効か?

チャートとテクニカル分析

今日はチャートとテクニカル分析について書きたいと思います。

僕たちがYoutubeにアップしている動画、MT4(外貨トレード用ソフト)に1分足や5分足を表示し、水平線やら移動平均線やら、ボリンジャーバンドやその他のインジケーターを多分に使用しています。いわゆるテクニカルですね。しかし、決して惑わされないでください。

これはあくまで最終的なエントリーのタイミングを測るための補助装置です。

バイナリーオプションなんてハイかローの2つの選択肢しかないんですね。

本質は極めてシンプルです。

値動きを見ながらこのあと上がって行くのか下がって行くのかイメージしながら、最終確認をライン(線の意味です。LINEじゃないです^^;)やインジケーターで見ているだけです。

ヤマ勘で「上に行きそう」「下に行くかも」とエントリーするのは絶対だめですが、チャートを見ながら今後の予測を自分で立てた上でのインジケーターの利用であれば、テクニカルが活きてきます。

チャートは市場参加者の総意を示す

まず大前提として、チャートは参加者の総意を反映しています。(参加者の中にはポジションを持たずに参加するタイミングを見計らっている人も含みます) 人々の欲望と恐怖、思惑と目論見が交錯した結果がチャートに現れます。

ひとつひとつの売買の結果をグラフ化したのがチャートですから、個人投資家であれ法人やファンンドであれ、それぞれの感情が入っています。

EA(自動売買)ですら、人間が設計する以上、ひとつひとつの売買には感情はありませんが、大きく捉らえれば設定する段階で思惑が入っているのです。

つまり、儲けたい、損したくない、という感情の集合体がチャートです。

チャートを作り上げるのは他でもない人間だという認識をしていただければ嬉しいです。

インジケーターはバックミラーやサイドミラー

FXBO LABOではMT4というFXで使われる標準的な取引ソフトでチャートやインジケーターを表示してバイナリーオプションの取引を行うことが多いです。(一部の手法を除く)

しかし、このインジケーター、過去の数値から計算して表示するものなので、未来を示しているわけではありません。

我々はチャートの右端で、つぎの値動きが上に行くのか下に行くのが、それを読もうとしています。

自動車の運転に例えるなら、前方に濃い霧があり数メートル先も見えない状況です。

その時にインジケーターは過去のデータを元に算出し、道から逸れないように指標を表してくれているという意味で、自動車のサイドミラーやバックミラーに似ています。

近年の自動車には車載コンピュータが搭載されており、ここで走行データなども記憶してメンテナンスに使われています。この車載コンピュータにも似ています。

つまりインジケーターはこの先の道が上り坂なのか下り坂なのかを教えてくれるわけではなく、過去のデータ、パターンから統計的に今後の予測を手伝ってくれるだけであって、霧の先がどうなっているか示すレーダーではありません。

なので、このインディケーターに頼ったトレードには限界があります。

バイナリー取引するためのチャートとテクニカルの活用法

普段はインジケーターを表示して取引して構いませんが、チャートの動きを体で覚えるのはとても重要なので、時には足もインジケータも表示させていないチャートを表示させ、今後の動きを読む訓練がとても有効です。

自分がチャートになったと思い込み、チャートの気持ちを理解し、次どちらに進むのか考えることが重要です。

そして、自動車の運転にバックミラーやサイドミラー(あ、僕が免許を取ったころにはフェンダーミラーの車ばかりでした^^;)が安全運転上、必要不可欠なように、インディケーターも上手く使えば取引の精度が高まります。

くれぐれもバックミラーとサイドミラーだけ見ながら運転することが無いように。

インディケーターを用いてテクニカルで取引する場合、○○手法と言われるように「このインディケーターとあのインディケーターがこの状態になったらエントリー」となる分けですが、この時に大切なのはルールの明確化と徹底です。

同じルールで続けないと勝ち負けのポイントも分からず勝率も安定しません。

そして次々と手法を変える人がいますが、ひとつの手法を最低ひと月は取り組みましょう。

ただ詐欺商材の手法や自己流の手法では実績や検証データが少ないので、上手く行っている人の手法・ルールを取り入れるのが良策です。

バイナリーオプションでは、利益確定ルールは厳格に守られる

バイナリーオプションのいいところは、時間が来れば終了するので、FXのように損切りや利確のルールが必要ない、というか制限時間で強制終了というルールが明確にあるので、厳格なルールですが、おかげで初心者の方でも取り組みやすいと思います。

バイナリーオプションは2者択一なのでギャンブル的に捉えられますが、ルールさえ徹底すればギャンブルではありません。

ルールを守れない人は、他の人と一緒にトレードするのも有効ですよ。ルールを破ってエントリーしたら、きっと相手は「どうして今のところで入ったの?」と必ず聞いてくれます。

それでは、よいゴールデンウィークを!