カテゴリー別アーカイブ: マインドが投資成果を左右する

caesars-palace-573599_640

バイナリーオプションは投資か?

バイナリーオプション取引の本質

今日はバイナリーオプションの取引を行っていく上で重要な話をします。

バイナリーオプションの本質についてです。

これを認識して取引するか、認識しないまま取引するかで結果が大きく違います。

バイナリーオプションは投資でも投機でも無い

バイナリーオプションの情報商材や塾のコピーで、提供者が自分を投資家として名乗り、バイナリーオプションがあたかも「投資」であると紹介するのには、いささか違和感があります。

バイナリーオプションって投資なの?

バイナリーオプションの取引は投資ではありません。かといって投機とも言い切れません。

はっきり言えばギャンブル(賭け事)です。

カジノと一緒で、胴元が経営する賭場でハイかローに掛け、当れば一定レートでペイアウトしてもらい、外れればお金が取られてしまうゲームです。

もう少し詳しく説明しますね。

投資、投機、ギャンブルの違い

投資というのは何かに資本(お金、人、物、時間)を投下して成長させ、それにより利益を得る行為です。一方、投機は将来の価格変動を予想して利ザヤを稼ぐ行為です。

バイナリーオプションで稼ぐために、勉強やトレーニングに時間やお金を使う行為は「投資」そのものです。

バイナリーオプションの実際の取引はハイかローのどちらかに賭けるので「ギャンブル」(賭け事)に近い行為です。

しかし、将来、為替レートがハイローどちらに動くかを予測して取引を行うので、「ギャンブルに近い投機」というのが最適と考えます。

この考え方や定義が当っているか当っていないかが重要ではなく、そういう取引で儲けている、もしくはこれから稼ごうとしている、という認識が必要です。

こういう認識を持てればしめたもの。勝率があがります。

バイナリーオプションへの取り組み姿勢

FXBOラボではバイナリーオプションを投機と捉え、どうすれば勝てるのかを徹底的に研究しています。

結果として辿り着いたのは、とてもシンプルな法則。

市場は人が動かしている、ということ。

つまり人の欲望や恐怖の総体が市場であり、決してデジタルな考えでは割り切れないということ。

以前にもこのこと書きましたね!

将来は予測不可能、上がるか下がるかなんて分かりはしない!ということです。

実はこれは株でもFXでも同じです。

ということは「相手に自分を合わせる」、ということがとても重要になります。

じゃあ、具体的にどうすればいいんでしょうか?

予測不能の市場を読み解く

市場は人が動かしている、と書きました。

バイナリーオプションの場合、為替市場の動きに応じ、胴元が勝者にペイアウトする仕組みですが、読み解かなくてはいけないのは為替市場に参加している人たちの心理です。

心理がビジュアルに現れているのがチャートです。

地震計の用紙のように、ジグザグした線が上下につづくあのチャート。

このチャートを毎日毎日読んでいると、だんだん読めるようになってきます。

一定の心理状態に置かれた時の人間の行動にはパターンがあります。

したがって、「このような値動きになった時には次にこうなる確率が高い」と分かる箇所が何個か出て来ます。

FXBOラボではそのパターンがチャートに現れるのを息を潜めてじっくり待ちます。

けっして自分本位で、エントリーしません。エントリーポイントは市場に決めてもらっています。

自分の都合や感情でエントリーしない、これも重要なマインドです。

具体的な取り組み方法

FXBOラボのコンサル生にはチャートを見ながら、どういうパターンになった時に動きが出るのかを徹底的に理解し修得してもらいます。

すぐにお金儲けをしたい気持ちは分かりますが、最初から実弾の投入は禁止しています。

修得する前に大事なお金を失って欲しくない、という気持ちもありますが、一番の理由はお金を賭けることで判断を鈍らせてほしくない、という思います。

やはりお金が掛かっていると、少なからず心理的影響があります。

この心理的影響を排除した状態でトレーニングしないと、失敗トレードを手法を身につけていないのか、心理的影響によるものか判別が難しくなるためです。

エントリーポイントを見せてもらいながら、なぜここでエントリーしたのかを確認し指導しています。

6月になりましたので、新規コンサル生を若干名募集する予定です。興味のある方は直接お問い合わせください。

iphone01

ネットビジネスとFX・バイナリーオプションの違い

FXやバイナリーはネットビジネスとは本質に違う

FXやバイナリーオプションに興味を持ったり実際に取引を行っている多くの人が、アフィリエイト、ツイッター、PPC、転売など様々なネットビジネスを経験して辿りついています。

FXやバイナリーオプションは時間や場所の制約もなく自分のペースで取り組め、副業としては理想的であり、経済的自由人になるためにぜひ実践してほしいと思います!

ただ、FXやバイナリーオプションは実際にお金を動かすトレーディングです。

このため、稼ぐ仕組みを作った上で利益を稼ぐネットビジネスとは大きく違います。

トレーディングは取引市場が既に出来上がっており、その仕組みの上で取引を行い利益を得ます。

ネットビジネスからFXやバイナリーオプションにたどりついた人には特にこの違いを認識して取り組んでいただきたいと思います。

それが結果に大きく左右されます。

ネットビジネスとFX、バイナリーオプションの違い

それではネットビジネスとFXやバイナリーオプション(BO)などいわゆるトレーディングによる稼ぎ方の違いを見ていきましょう。

FXやバイナリーオプションは
①業者がシステム提供する場を使い取引する。
②仕入れが無い(仕入れの代わりにポジションを持つ)。
③ブログ更新や商品説明など準備が不要。
④売上・利益という概念は無いが資金管理が必要。
⑤利益、損失が都度確定するため、コスト意識が高くなる。

①②③は想像がつきやすいと思います。

④はコンサル生には常に意識してもらっていますが、ここを誤るとせっかくの利益も吹き飛んでしまいます。ビジネスでいうキャッシュフローの概念にも似ていますが、FXでは証拠金が無いと強制ロスカットがあったり、バイナリーの場合、資金が足りずに大事な場面でエントリーできないことがあります。

⑤は実際のビジネスでも実は起っていることですが、意外と意識が低いと思います。例えば、お客さんと打合せの時間や通信費もコストです。商談が上手く行かなかった時にはこれらは全て損失になりますが、FXやバイナリーほど数字で表されるものではないので意識が低いのでは無いでしょうか?

FXやバイナリーの場合、都度損失額が分かるので、これがマインドに大きく影響します。

FXとバイナリーオプションの違い

それでは次にFXとバイナリーオプションの違いについてお話しましょう。

「バイナリーオプション」はBOとかバイオプとも呼ばれますが、バイナリーオプションとは直訳すれば「2つの選択肢」という意味です。

指定の為替レートが今のレートより上がるか?下がるか?を予想するものです。

予想が当たれば倍近く(業者や通貨によって異なるが、通常1.6倍〜1.8倍)になって戻ってきますし、負ければ投資した金額だけなくなるシンプルな取引です。

バイナリーオプションの特徴は
①最初のポジションを持つだけで指定時間が来たら決済されるため、FXのように損切り・利食いをしなくていい。
②掛け金が最大損失のため、FXのように損失が拡大し続けて不安になることがない
③相場の変動が小さい時でも収益を狙うことができる。FXは変動の幅が小さいと手数料を引いたあとの収益が少なくなってします。
④取引ルールがシンプル(上がるか下がるかどちらかに決めるだけ)なので簡単に取り組める。
⑤1000円から始めることができる。(僕たちの塾では、資金管理を行う上で10回までエントリーできる1万円を最低スタート額としています)

バイナリーオプションはFXに対して気軽に始められるため、ギャンブル的に取り組むとリスクがあります。

このため資金管理をしっかり行うことが必要です。

ネットビジネス経験者は資金管理を行う習慣のある方も多いので、ギャンブル的にならないとは思いますが、熱くなってしまいつぎ込んでしまった、という人もいますので注意が必要です。

FXとバイナリーは副業として可能性を秘めたものですが、投資という認識で取り組むことが必要ですね。

statistics-706380_1280

バイナリーオプションにテクニカル分析は有効か?

チャートとテクニカル分析

今日はチャートとテクニカル分析について書きたいと思います。

僕たちがYoutubeにアップしている動画、MT4(外貨トレード用ソフト)に1分足や5分足を表示し、水平線やら移動平均線やら、ボリンジャーバンドやその他のインジケーターを多分に使用しています。いわゆるテクニカルですね。しかし、決して惑わされないでください。

これはあくまで最終的なエントリーのタイミングを測るための補助装置です。

バイナリーオプションなんてハイかローの2つの選択肢しかないんですね。

本質は極めてシンプルです。

値動きを見ながらこのあと上がって行くのか下がって行くのかイメージしながら、最終確認をライン(線の意味です。LINEじゃないです^^;)やインジケーターで見ているだけです。

ヤマ勘で「上に行きそう」「下に行くかも」とエントリーするのは絶対だめですが、チャートを見ながら今後の予測を自分で立てた上でのインジケーターの利用であれば、テクニカルが活きてきます。

チャートは市場参加者の総意を示す

まず大前提として、チャートは参加者の総意を反映しています。(参加者の中にはポジションを持たずに参加するタイミングを見計らっている人も含みます) 人々の欲望と恐怖、思惑と目論見が交錯した結果がチャートに現れます。

ひとつひとつの売買の結果をグラフ化したのがチャートですから、個人投資家であれ法人やファンンドであれ、それぞれの感情が入っています。

EA(自動売買)ですら、人間が設計する以上、ひとつひとつの売買には感情はありませんが、大きく捉らえれば設定する段階で思惑が入っているのです。

つまり、儲けたい、損したくない、という感情の集合体がチャートです。

チャートを作り上げるのは他でもない人間だという認識をしていただければ嬉しいです。

インジケーターはバックミラーやサイドミラー

FXBO LABOではMT4というFXで使われる標準的な取引ソフトでチャートやインジケーターを表示してバイナリーオプションの取引を行うことが多いです。(一部の手法を除く)

しかし、このインジケーター、過去の数値から計算して表示するものなので、未来を示しているわけではありません。

我々はチャートの右端で、つぎの値動きが上に行くのか下に行くのが、それを読もうとしています。

自動車の運転に例えるなら、前方に濃い霧があり数メートル先も見えない状況です。

その時にインジケーターは過去のデータを元に算出し、道から逸れないように指標を表してくれているという意味で、自動車のサイドミラーやバックミラーに似ています。

近年の自動車には車載コンピュータが搭載されており、ここで走行データなども記憶してメンテナンスに使われています。この車載コンピュータにも似ています。

つまりインジケーターはこの先の道が上り坂なのか下り坂なのかを教えてくれるわけではなく、過去のデータ、パターンから統計的に今後の予測を手伝ってくれるだけであって、霧の先がどうなっているか示すレーダーではありません。

なので、このインディケーターに頼ったトレードには限界があります。

バイナリー取引するためのチャートとテクニカルの活用法

普段はインジケーターを表示して取引して構いませんが、チャートの動きを体で覚えるのはとても重要なので、時には足もインジケータも表示させていないチャートを表示させ、今後の動きを読む訓練がとても有効です。

自分がチャートになったと思い込み、チャートの気持ちを理解し、次どちらに進むのか考えることが重要です。

そして、自動車の運転にバックミラーやサイドミラー(あ、僕が免許を取ったころにはフェンダーミラーの車ばかりでした^^;)が安全運転上、必要不可欠なように、インディケーターも上手く使えば取引の精度が高まります。

くれぐれもバックミラーとサイドミラーだけ見ながら運転することが無いように。

インディケーターを用いてテクニカルで取引する場合、○○手法と言われるように「このインディケーターとあのインディケーターがこの状態になったらエントリー」となる分けですが、この時に大切なのはルールの明確化と徹底です。

同じルールで続けないと勝ち負けのポイントも分からず勝率も安定しません。

そして次々と手法を変える人がいますが、ひとつの手法を最低ひと月は取り組みましょう。

ただ詐欺商材の手法や自己流の手法では実績や検証データが少ないので、上手く行っている人の手法・ルールを取り入れるのが良策です。

バイナリーオプションでは、利益確定ルールは厳格に守られる

バイナリーオプションのいいところは、時間が来れば終了するので、FXのように損切りや利確のルールが必要ない、というか制限時間で強制終了というルールが明確にあるので、厳格なルールですが、おかげで初心者の方でも取り組みやすいと思います。

バイナリーオプションは2者択一なのでギャンブル的に捉えられますが、ルールさえ徹底すればギャンブルではありません。

ルールを守れない人は、他の人と一緒にトレードするのも有効ですよ。ルールを破ってエントリーしたら、きっと相手は「どうして今のところで入ったの?」と必ず聞いてくれます。

それでは、よいゴールデンウィークを!

gaika

外貨を稼ぐことが必要な時代

円の価値が下がる時代の到来

日銀の金融緩和政策維持により
円の価値が継続的に下落することが
再確認された今、僕の対策はこうだ。

1)金融資産を日本円以外で持つ。

2)外貨建ての長期債務は持たない。

3)外貨を稼ぐ。

金融資産を日本円以外で持つ

1)は外貨に換金するだけでなく、
国外の口座にも分散して置く事で
カントリーリスクを避けられる。

日本の金融機関に預けたお金は
元本1000万円まで保護されているが、
有事の金融封鎖には対応できない。

最近マスコミや情報商材販売者が
金融封鎖が現実のものとなるかのように
煽っているが、慌てる必要は無い。

ただ金融封鎖が実際に行われなくても
海外へのお金の移動に規制や制限が
かかる可能性はある。

外貨で長期債務は持たない

2)については今回は省略するが、
逆にとらえると、日本円での負債は
積極的に負うことだ。

外貨を稼ぐ

3)の外貨を稼ぐ方法はいくつも
あるが、具体的に取り組んでいるのは、
下記の3つだ。

①海外向け物販(輸出)で
ドル建てで決済する。

②海外企業の代理店として活動し
代理店報酬を外貨で得る。

③金融資産を海外で運用し
キャピタルゲインを得る

現在、②と③で新規の案件を
仕込んでいるとこだ。

バイナリーのコンサル生の方には
ドル口座によるトレーディングも
実践しているひともいる。

ドルを取引し、ドルで資金運用する
ことでキャピタルゲインのドルで
得ることで円安対策をしている。

これも外貨を稼ぐ方法のひとつ。

焦らずじっくり、しかし着実に
自分にあった外貨資産形成をしていこう。